北海道歴史文化研究会Web

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

第13回研究会のお知らせ 


第13回北海道歴史文化研究会が4月26日(土)に開催されます。

今回は北海道大学大学院文学研究科の井上淳生さんに「なぜ、ステップを知らないと踊れないのか?―日本の社交ダンスにみる『ダンス規制』と身体の規格化」というタイトルで報告いただきます。年度初めのお忙しい時期ではございますが、みなさまお誘い合わせの上お越しくださいませ。

第13回ポスター(完成)


日時:2014年4月26日(土)14:00~16:00
場所:北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)517

発表者)井上 淳生(北海道大学大学院文学研究科 博士課程)
タイトル)「なぜ、ステップを知らないと踊れないのか?―日本の社交ダンスにみる『ダンス規制』と身体の規格化」

コメンテーター)石岡 丈昇(北海道大学大学院教育学研究院 准教授)

【要旨】

「ダンスを踊るのであれば、ステップ(特定の足の運びのパターン)を知っていなければならない。」これは、一見してあまりにも当たり前のことのように見える。他者(異性)の身体を前提とする社交ダンスでは、この言葉の自明性はより強くなる。ステップに関する知識の共有が、二つの異なる身体をひとつの方向に動かしていくための要件のひとつとされているからである。しかし、音に合わせて身体を揺らす(たとえば、好きな音楽を耳にした時、無意識に小さく体を揺すったり、指でリズムをとるなど)という、いわば「原初のダンス性」とでも言い得るような身体のあり方に注目した場合、ステップに関する知識は必ずしも重要ではなくなる。
 本発表では、現在の社交ダンスにおける「ステップを知らないと踊れない」ことと「ステップを知らなくても踊れる(原初のダンス性)」こととの間にある隔たり、という問題について考えてみたい。この問題を通して、戦後、日本の社交ダンスが規制されてきた末に、どのような身体が生み出されてきたのか、またその変化にはどのような意味があるのかについて考察する。

発表者紹介) 
 井上淳生 (北海道大学大学院 文学研究科)
博士後期課程。専攻は文化人類学。対象は日本の社交ダンス。研究領域は「ダンスと風営法」「能動/受動の転換」「音楽と踊りの分離・融解」。最近の文章に「フロアの中の人生」『留萌文学』第96号(2011)、「カップル空間の共同性」
『北海道民族学』vol.8(2012)がある。

コメンテーター紹介)
石岡 丈昇(北海道大学大学院教育学研究院 准教授)
研究テーマ:貧困世界においてスポーツを介して形成された社会関係の束が、いかにして「もうひとつの公共圏」を創出するのかを追究。この点を、長期に渡るフィールドワークとP.ブルデュー=L.ヴァカンの社会学的認識論の援用を通じて解明しようとしている。
著作:『ローカルボクサーと貧困世界――マニラのボクシングジムにみる身体文化』世界思想社、2012年(日本社会学会第12回奨励賞受賞)

category: 定期研究会のお知らせ

TB: 0    CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rekibunken.blog.fc2.com/tb.php/79-df382135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

recent post

プロフィール

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

リンク

検索フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。